HOME > NEXT

日韓演劇週間Vol.5

―現実と妄想を訪ねて―

2017.10.4-10.8


出演

《劇団名クリックで詳細へ》

劇団パスクン(韓国)

モンシアター(韓国)

ぽこぽこクラブ(日本)






劇団パスクン

『ゲッベルス劇場』

嘘も繰り返せば、人々はやがて信じるようになる!ナチの宣伝大臣で、プロパガンダの天才と呼ばれたヨーゼフ・ゲッベルス。彼はメディア掌握、政策に迎合する芸術の奨励、敵対心を煽って団結を図る政策、焚書などによって大衆を扇動した。これはけっして過去の物語ではない。2015年、韓国のパク・クネ政権は、政府に批判的なアーティストらのブラックリストを作成して公立劇場から締め出し、助成金審査から除外するなどの弾圧を行った。本作は、これに対する一つの抵抗として演劇人たちがクラウド・ファウンディングで開催した「権利長戦―検閲却下」フェスティバル参加作である。評論家協会が選ぶ今年のベスト3(2016)、東亜演劇賞 演技賞(ゲッベルス役)受賞。

作:オ・セヒョク  演出:イ・ウンジュン
出演:パク・ワンギュ ソン・ノジン キム・ウヌ キム・ビョンゴン  シン・サラン  ホン・スミン 
芸術監督:パク・グニョン  音響操作:ナム・サンド  照明操作:イ・ヒョンジク  映像操作:イ・チャンハ  舞台監督/字幕操作:ナ・ヨンボム  字幕翻訳・製作/コーディネート 石川樹里  宣伝・映像デザイン:イ・ジュヒョン  制作補:アン・ソヨン

モンシアター

『サイコパスは猫を殺す』

都心郊外に位置するある古い低層マンション。この数カ月の間に、マンション周辺の猫が何匹も静かに死んでいき、対策を立てるためにマンションの住民が集まった。ちょうどそのころ、町内で起こった背筋も凍る女子大生殺人事件が発生し、その犯人を捜すため警察が聞き込み捜索をしていた。人々は、マンション周辺の猫を殺したサイコパスと、女子大生殺人事件の犯人が同一人物だと推測して不安になる。そして、対策のための集まりに来なかった301号の男性を疑い出すのだが…。

作:ソク・ジユン  演出:イ・ドンソン
出演:イ・ファンイ チュ・ウン キム・スボ イ・ウジン ペク・ウンチョル チェ・ヨンド クァク・ジスク  ファン・ムヨン  シム・ウォンソク チャン・ジンヒャン
舞台:イム・ゴンズ  照明:キム・ソング  音響:オム・テフン  字幕翻訳:森喜久子

ぽこぽこクラブ

『ゲシュタルト崩壊』

突如発見された謎の回転物。
これは一体何なんだ!?
そもそも私達は知っている。回転物は回らなければ意味がない事を。
さらに私達は知っている。回転するなら回してみたい気持ちを。
だから私達は知っているフリをしている。回転すれば何かが変わる事を。
しかし私達は知らないフリをしている。回転させるべきじゃなかった事を。
そして私達は忘れてしまっている。「これは一体何なんだ!?」という事を。

作:渡辺芳博  演出:三上陽永
出演:杉浦一輝 三上陽永 渡辺芳博 坂本健 高橋玄太 湯浅くらら 細村雄志 磯部莉菜子 都倉有加
照明:坂本明浩  音響:堀江潤  舞台アドバイザー:大刀祐介

10/4
10/5
10/6 10/7 10/8
      13:00   14:00
ぽこぽこ・夢シアター ぽこぽこ・夢シアター
19:00
19:00 19:00 18:00  
ぽこぽこ・パスクン ぽこぽこ・夢シアター ぽこぽこ・パスクン ぽこぽこ・パスクン

*10月7日(土)18:00の回終演後にポストパフォーマンストークを開催いたします。
司会:西堂行人
パネリスト:パク・グニョン(劇作家・演出家) イ・ウンジュン(パスクン・演出)
イ・ドンソン(モンシアター・演出) 三上陽永(ぽこぽこクラブ・演出)

 
 《料金》
前売・予約¥5000  当日¥5500
*公演は全て2本立てです。
 
プラス券¥2000
*3本目をご覧になるためのチケットです。
*ポストパフォーマンストークは無料。
*ただし、公演をご覧いただいた方に限ります。
 
 
《2017年8月26日 前売開始》

お問合せ》
ストアハウス
TEL:03-5830-3944  MAIL:info@storehouse.ne.jp
 

 

 
《スタッフ》舞台監督:青木規雄  照明監督:坂本明浩  音響監督:堀江潤  写真撮影:宮内勝  VTR撮影:金丸瑞貴  宣伝美術:吉田了介
翻訳・通訳:森喜久子、青島昌子、三井田明日香、金泰賢、金世一、安井美和 他
事務局:木村紀子、小形知巳、熊谷有芳、武田諭子、畑中由紀子
協力:ストアハウスカンパニー、石田迪子、森田ひかり、久田幸恵、大刀佑介、一般法人日本演出者協会 日韓演劇交流センター 他