HOME > NEXT


 

STORE HOUSE Collection
ストアハウスコレクションNo.9
アジア週間
-「私」なるものをめぐって-


チケットのご予約はこちら


A 2017. 2. 24Fri.)- 2. 26Sun.
【タイ・インドネシア・日本共同プロジェクト】
Contemporary Asian Masks Project
Ocean's Blue Heart  มหาสมุทรสุดหัวใจ』
 ×
【日 本】
ストアハウスカンパニー
PARADE
 
 
 
B 2017. 3. 2Thu.)- 3. 5Sun. 
【台 湾】
莎士比亜的妹妹們的劇団 (Shakespeare’s Wild Sisters Group)
Zodiac(ゾディアック)』
× 
【日 本】
ストアハウスカンパニー
PARADE

 
 

上野ストアハウス
UENO STORE HOUSE
TEL 03-5830-3944
http://www.storehouse.ne.jp






チケット発売開始:2016年1月7日
チケット料金:1本券 前売・予約¥3,500 当日¥4,000
2本券 前売・予約¥5,000 当日¥5,500
3本券 前売・予約¥7,000 当日¥7,500



About STORE HOUSE Collection

 
2013年から始まったストアハウスコレクションは、今年で5年目を迎えます。これまで韓国、マレーシア、タイ、そして日本から19作品が参加しています。
さて、ストアハウスコレクションと名付けたこの小さなフェスティバルが開催される目的は、もちろん演劇作品の蒐集にあります。しかしそうはいっても、演劇の蒐集は蝶や切手を集めるようにはいきません。
それは演劇作品を収蔵するためには、その作品が上演された時間や場所、出演した俳優や観客を含めて保存しなければなりません。それらの全てのものを冷凍保存できる巨大な冷蔵庫でもあれば、シベリアの永久凍土の中で時々発見されるマンモスの牙のように、生き残ることは可能かもしれませんが、そんなことは不可能です。
ご存知のように演劇は生まれてはすぐ消えていく運命にあります。例えば上野ストアハウスの場合、ほとんどの劇団が、月曜日に小屋入りし、日曜日には立ち去ります。つまり、その命はせいぜい1週間。まるで蝉です。
しかし僕は、そのことを決して否定的にとらえているわけではありません。どちらかといえば、逆です。蒐集することが困難で、保存することも困難だからこそ、演劇は語り継がれていかなければならない。そんな風にも考えています。
ストアハウスコレクションには様々な時間が流れ、様々な風が吹きます。彼らは、交流を超え、交歓し、今ここに生まれる意味や価値を交換します。
そして、僕は、その場面を記憶しなければならない。
いつだって、バラシが終了した後の劇場はシーンと静まり返っています。蝉の声も聞こえません。その場に突っ立った僕は考えます。そして、その場に突っ立った私たちは考えます。 
いったい、私たちは、何を蒐集しているのでしょう。何を記憶し、何を語り継いでいくのでしょう。
そんなこんなのストアハウスコレクション。
乞うご期待。
 

       

ストアハウス代表 木村 真悟

 
【木村真悟 Shingo Kimura】
1957年青森県生まれ。小劇場・上野ストアハウス、ストアハウス江古田スタジオを運営。劇団ストアハウスカンパニー主宰。1999年~2007年、フィジカルシアターフェスティバルを開催。7回で8か国、のべ35劇団が参加。2013年よりストアハウスコレクションを開催。韓国、マレーシア、タイと日本の演劇祭を実施、継続中。ストアハウスカンパニーにおいては劇作・演出として活動中。代表作『箱』『縄』『Territory』『Remains』等。




Aプログラム



Contemporary Asian Masks Project

『Ocean's Blue Heart  มหาสมุทรสุดหัวใจ』

【タイ・インドネシア・日本共同プロジェクト】

仮面、影絵、日タイの伝統音楽。

幻想的なイメージに彩られた、アジアのコンテンポラリー・マスク・シアター。
 
2015年、タイの演出家・劇作家、ニコン・セタン(Nikorn Sae Tang)
の呼びかけで、日本・インドネシアを交え始まった、アジアの現代演劇に
おける新しい仮面劇を創作しようというプロジェクト。1年目のフィールド
ワークやショーケースを経て、2年目の今年は影絵や日タイの伝統音楽
など、仮面以外の要素も加え現代仮面劇“Ocean’s Blue Heart”を
製作。 2016年11月バンコクにて初演。

 
【あらすじ】
高層ビルの建築現場で、不幸にも起こってしまった転落事故。
死んだ作業員の魂は、ビルの屋上に閉じ込められ、
ビルの設計士は罪悪感に苦しめられながら、巨大なエイの夢を見る。
様々なエピソードが交錯しながら、やがて、都市生活者の孤独が浮かび上がる。
 
作: Nikorn Sae Tang (タイ)
演出: Nikorn Sae Tang (タイ)  鈴木アツト(日本)
出演:
Narumol Thammapruksa(タイ)
Jirawat Charncheaw(タイ)
Gallis Agus Sunardi(インドネシア)
今井美佐穂(日本)
吉田俊大(日本)
Nikorn Sae Tang (タイ)
 
演奏:
Sa-ngiam Lertjiraratong(タイ/パーカッション)
西川浩平(日本/篠笛、フルート)
 
影絵・人形遣い:
Wondering Moon Performing Group Shadow Theatre(タイ)
Monthatip Suksopha
Sujittra  Prasert
Nutjaporn  Swasdiprom
 
仮面・衣裳:Kanapoot Virattanachai(タイ)
照明:   Pavinee Samakkabutr(タイ)
音響:   Thachaporn Jirasakkee(タイ)
舞台:  Sawanee Utoomma(タイ)
 
製作:Theatre8×8(タイ)
    劇団印象-indian elephant-(日本)



ストアハウスカンパニー

『PARADE』

【日 本】

かつて、人びとは、上を向いて歩いていた。

そして、今、人びとは丘に向かって立っている。
しかし、とかく記憶は曖昧だ。
その曖昧さは、
例えば、森の中で木の葉を踏む音を聞きながら、波打ちぎわで絶えずかき消される自分の足跡を抱きしめる行為のようなものだ。
今となっては、人々の姿も、丘の形状も思い出すことはできない。
それはそれでいいのだ。
現実はいつだって曖昧のままそこにある。
どこからか声が聞こえてくる。
歩こうか。
さあ、パレードの始まりだ。
 
 
作・演出:木村真悟
出演:渡辺芳博  金丸瑞貴  村島智之  大間剛志  大原千秋    
   細村雄志  小倉詩歩  中川珠里  吉田広大  杣木百花  
作曲・ピアノ演奏:伊澤知恵




2/24(金)

2/25(土) 2/26(日)

14:00
ストアハウスカンパニー


12:00
MASK PROJECT
13:00
ストアハウスカンパニー

19:30
MASK PROJECT

16:00
MASK PROJECT
18:00
MASK PROJECT
 
20:00
ストアハウスカンパニー

19:00
ポストパフォーマンストーク

※ポストパフォーマンストーク:高橋宏幸 Nikon Sae Tang 鈴木アツト 木村真悟

Bプログラム



莎士比亜的妹妹們的劇団 (Shakespeare’s Wild Sisters Group)

『Zodiac(ゾディアック)』

【台 湾】

「Zodiac」とは、1960 年代アメリカで一人の連続殺人鬼が名乗っていた
“名前”である。その正体は謎に包まれており、送られてくる犯行予告や
暗号文も人々の関心を集め、大きな話題となった。
Shakespeare's Wild Sisters Group の『Zodiac』はこの人物に着想を
得た二人芝居だ。一人は殺人鬼を、もう一人は彼の周りの様々な人間を
演じていく。多くのやりとりが組み合わさり、まるでパッチワークのように“彼”
という存在が浮かび上がってくる。私たちの目の前で、彼は“現実”と“想像”、
“正常”と“異常”の境界線を飛び越え逃げてゆく――

2001 年初演、舞台と映像をミックスさせた演出が評価され、第一回台新芸
術賞にて十大パフォーマンス芸術賞を受賞。幾度かの再演を経て、2015 年
には台湾3都市ツアー公演を行った作品である。

 
演出:王嘉明(ワン ジャミン)
出演:Fa(ファー) 賴玟君(ライ ウェンジュイン)
舞台監督: 林岱蓉(リン ダイロン)
舞台美術: 林仕倫(リン スールン)
照明: 王天宏(ワン ティエンホン)、劉柏欣(リョウ ヴォシン)
衣装:李育昇(リ ユースェン)
映像: 王正源(ワン ツェンユェン)



ストアハウスカンパニー

『PARADE』

【日 本】

かつて、人びとは、上を向いて歩いていた。

そして、今、人びとは丘に向かって立っている。
しかし、とかく記憶は曖昧だ。
その曖昧さは、
例えば、森の中で木の葉を踏む音を聞きながら、波打ちぎわで絶えずかき消される自分の足跡を抱きしめる行為のようなものだ。
今となっては、人々の姿も、丘の形状も思い出すことはできない。
それはそれでいいのだ。
現実はいつだって曖昧のままそこにある。
どこからか声が聞こえてくる。
歩こうか。
さあ、パレードの始まりだ。
 
 
作・演出:木村真悟
出演:渡辺芳博  金丸瑞貴  村島智之  大間剛志  大原千秋    
   細村雄志  小倉詩歩  中川珠里  吉田広大  杣木百花  
作曲・ピアノ演奏:伊澤知恵




3/2(木)

3/3(金) 3/4(土) 3/5(日)

14:00
莎士比亜的妹妹們的劇団


14:00
ストアハウスカンパニー
13:00
莎士比亜的妹妹們的劇団
13:00
ストアハウスカンパニー

19:00
ストアハウスカンパニー

19:00
莎士比亜的妹妹們的劇団
18:00
ストアハウスカンパニー
17:00
莎士比亜的妹妹們的劇団
 



19:30

ポストパフォーマンストーク

 

※ポストパフォーマンストーク:高橋宏幸 ワン・ジャミン 木村真悟