【ストアハウスコレクション・タイ週間Vol.2】
『PARADE Ver.3』
2018年2月21日~25日 @上野ストアハウス


『PARADE』 ダイジェスト映像公開しました。

ワークショップ『カラダを運ぶ』 
10月の開催は終了致しました。次回は2018年春開催予定


ストアハウスカンパニーは、
演劇や、ダンスといった枠組みを超えた表現の在り方を模索し、
活動を続けている集団です。
ストアハウスカンパニーはいわゆる台詞劇に飽き足りないと思っている方、
いわゆるダンスに疑問を感じている方、
そして、私たちとともに新たな舞台表現の実現を目指そうという方々の参加をお待ちしています。
 
■お問い合わせ
ご質問などは、電話またはメールにてお問い合わせください。
TEL 03-5380-3944
Mail info@storehouse.ne.jp
担当:木村紀子


 
公演記録
 


 
劇評集
 


 
Performers
 

ストアハウスカンパニー

 ストアハウスカンパニーは1994年に、劇作・演出家の木村真悟が設立。以来既存の演劇の形式にとらわれず、現代演劇の新しい形式を模索し続けています。
 1998年以降発表してきた『箱―Boxes―』『WANDERERS』『縄』『Territory』『Remains』『Ceremony』等の作品は、俳優が台詞によって物語を構築し、その物語の登場人物を演じるのではなく、俳優の身体と舞台装置との絶え間ない「運動」によって舞台空間そのものを創り出しています。舞台装置は、俳優によって動きを変え形を変え、うごめき、舞台空間そのものも変容し続けます。俳優は舞台に生まれた「意味」や「物語」に安住することなく、そこに刻まれた「意味」や「物語」を曝け出すために、さらなる「運動」を続けます。
 1999年の韓国・水原華城国際演劇祭招聘を皮切りに、韓国・ソウル、ロシア・モスクワ、サンクトペテルブルク公演、カイロ国際実験演劇祭招聘、インドネシア3都市公演、ロシア5都市公演、上海公演等、公演活動の場を海外にも拡げ、それぞれ大きな反響を呼びました。
 その後、年2回の東京公演の他、海外での活動を継続しています。
 最近は、上野ストアハウスを拠点に、ストアハウスコレクションでの公演活動を継続しています。
 2017年は2月~3月にストアハウスコレクション・アジア週間に、タイ・インドネシア・日本の共同プロジェクトや台湾のグループと共に参加。
 7月末~8月には韓国公演が決まっています。

Director 木村真悟

1957年青森県生れ。
1984年12月、劇団七転舎の主宰として、東京都にスタジオをオープン。
1994年8月、劇団七転舎を解散。
小劇場・江古田ストアハウスを開設。
シアターグループ・ストアハウスカンパニーを設立。
その後、劇場の運営、ストアハウスカンパニーの公演活動を脚本家・演出家として継続。

1999年より2006年まで、フィジカルシアターフェスティバルを、実行委員長として開催。

2011年6月、小劇場・上野ストアハウスを開設。
2013年より海外劇団を招いての演劇祭”ストアハウスコレクション”を開催、継続中。

日本演出者協会会員

【代表作】
『箱』『縄』『Territory』『Remains』『Ceremony』 等 


お問い合わせ

ストアハウス
〒110-0014
東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1
TEL: 03-5830-3944
FAX: 03-5830-3945